入れ歯が外れやすい、痛むといったお悩みはありませんか?

歯を失ったときに歯を補う補綴(ほてつ)治療のひとつである「入れ歯」。歴史ある治療法で、治療を受ける方の体への負担が少なくどのような症例にも対応できるうえに、保険適用で安価に作れることから多くの方に選ばれています。

しかし、入れ歯はお口にぴったり合ったものでなければ、日常生活に支障をきたすことがあります。しっかり噛めない、外れやすい、お口の中でズレて痛い、こんなお悩みを持ちながらも「入れ歯だからしょうがない」とあきらめていませんか?

当院では、患者様一人ひとりのとお口に合った入れ歯づくりを行っていることはもちろん、現在お使いの入れ歯の調整・修理、さらに、お悩み解消のアドバイスも行っています。入れ歯のことでお悩みでしたら、お気軽に水戸さくら通り歯科へご相談ください。

入れ歯の種類

金属床義歯 自費

金属床義歯

床が金属でできた入れ歯です。床を薄くできるため装着感がよく、熱伝導率が高いため食べ物の温度が伝わりやすいのが特徴です。また、耐久性も高く長持ちし、雑菌や汚れが付きにくく衛生的です。床に使う金属には、ゴールド・コバルトクロム・チタンなどがあります。

ノンクラスプデンチャー

ノンクラスプデンチャー

バネ(クラスプ)のない部分入れ歯です。歯ぐき部分がやわらかいシリコンでつくられているためしっかりフィットするうえに負荷がかからないため、硬い物でも痛みなくしっかり噛めます。また、入れ歯を使っていることが周囲にわからない自然な見た目を実現します。

コンフォートデンチャー

コンフォートデンチャー

床が弾力性のある生体用シリコンでできた入れ歯です。見た目が自然なのはもちろん、吸着・密閉性が高くフィット感に優れています。噛んだときの歯ぐきへの負担を軽減しており、硬い物もしっかり噛めます。
※現在ご使用の入れ歯をコンフォートデンチャー仕様にすることも可能です。

マグネットデンチャー

マグネットデンチャー

残っている歯根と入れ歯に磁石を取り付け、磁力で固定する入れ歯です。取り外しが簡単にできる一方、強力な磁力で固定されるため硬い物でもしっかり噛めます。また、バネを使用しないため、自然な見た目になります。
※磁石を埋め込む歯は神経を取った歯に限られます。

オーバーデンチャー

オーバーデンチャ―

顎の骨に埋め込んだインプラント(最少4本)を支えにして入れ歯を支えます。粘膜だけで支える本来の入れ歯に比べ安定性が高く、硬い物でもしっかり咬めます。また、構造もシンプルなので修理も簡単です。部分入れ歯から総入れ歯まで、幅広い症例において適用できます。

  • ページの先頭へ戻る