口元の印象をより健康的で美しいものにする審美プログラム

口元はお顔全体の印象を決定づける大切なパーツです。歯列の乱れや虫歯治療で入れた銀歯が気になるという方は少なくないでしょう。歯の見た目を健康的で美しいものにしたいなら、ぜひ歯の専門家におまかせください。

メタルフリー素材について

虫歯治療で入れた金属製の詰め物や被せ物、いわゆる銀歯は目立つだけでなく、金属アレルギーを引き起こすおそれがあることをご存知でしたか? だ液により金属がイオン化して溶け出し体内に入り込むことで、全身にさまざまなアレルギー症状を引き起こしてしまうことがあるのです。

また、銀歯をセットするためのセメントの接着力が弱いために金属と歯の間に隙間を生み、そこから二次カリエス(虫歯が再発すること)を引き起こしてしまうことがあります。さらに、銀歯が天然歯より硬すぎることで、咀嚼の際に噛み合う歯を含め、銀歯周りの歯肉や顎の骨に強い衝撃を与えてしまうこともあります。衝撃が蓄積されることで、歯肉の血流が悪くなり歯周病を進行しやすくすることも。

» 銀歯のデメリットについてくわしくはこちら
» 二次カリエスのリスクについてくわしくはこちら

当院では、銀歯による不自然な見た目や金属アレルギーなどを防ぐために、金属を一切用いない「メタルフリー素材」をご案内しています。メタルフリー素材の代表格が、セラミック。金属不使用の素材であるセラミックなら、アレルギーのリスクがないばかりか、周囲の歯に合わせて色調を調節することも可能です。

【セラミックが代表格になる理由】

メタルフリー素材としてセラミックが代表格と言われるのには、さまざまな理由があります。

01.見た目が美しい

02.体にやさしい(生体親和性が高い)

03.硬度が高く丈夫

04.変色しない

05.セット時に、咬合圧や水分に強く接着力の高い接着セメントを用いるため、二次カリエスのリスクを防げる。また、詰め物が外れるリスクなどがなく、長期使用に耐えられる

保険が適用されず治療費が高額にはなるものの、セラミックは歯科素材として、優れた性質を持っています。白くきれいで健康的な歯を回復したいとお考えの方には、セラミックでの治療をおすすめします。

見た目にも体にも決して悪影響とならないメタルフリー素材は、どなた様にもおすすめです。興味のある方、また、銀歯の見た目や金属アレルギーでお悩みの方は、ぜひお気軽にお問い合わせください。

当院が扱う代表的なメタルフリー素材
ジルコニア 人工ダイアモンドとしても使われる、美しいメタルフリー素材です。強度と透明感のある美しさを兼ね備え、どんな部位にも使用できるのがメリット。
e-max 純度の高いセラミック素材を使用して作られた、透明感が美しい審美素材。詰め物・被せ物などすべてに使用可能です。汚れが付着しにくいため、虫歯の再発リスクも抑えられます。
  • ページの先頭へ戻る