歯の機能と見た目を回復する最新の治療~インプラント~

歯を失ったときの補綴(ほてつ)治療のうち、入れ歯に代わって現在注目を集めている新しい治療法が「インプラント」です。インプラント治療とは、生体親和性の高い金属「チタン」でできた人工歯根を顎の骨に埋め込み、しっかり結合させた後に人工歯を被せる方法。人工の歯根が顎の骨と強固に結合するため、自分の歯で噛んでいるような感覚がよみがえります。また、上部に取り付ける人工歯に美しいセラミックの素材を使用することで、自然な見た目が手に入ります。

当院では、正確・安全なインプラント治療実現のために最新設備の導入はもちろん、さまざまな配慮と取り組みを行っています。また、当院院長は日本大学助教時代にインプラント科に所属。平成22年には国際インプラント学会の認定医資格を取得しております。インプラント治療を検討中の方はお気軽にご相談ください。

【歯を失ってしまうリスク】

歯を失ってしまうリスク

歯を失ったままにしていると、周囲の歯が倒れこんできたり、噛み合う歯が伸びてきたりして、歯列や噛み合わせを乱すことがあります。歯列や噛み合わせが悪くなると見た目が悪くなるだけでなく、顎の骨が痩せたり、全身の筋肉の使い方に歪みが生じたりということも。たった1本の歯を失うだけでも、お口の中のバランスが崩れ、全身の健康にも悪影響を及ぼすことが考えられるのです。こういった状況に陥る前に、入れ歯やインプラントといった歯の機能を回復させる治療を受けましょう。

インプラントのメリットとデメリット

インプラントは、これまでの治療法にはない魅力があると関心を集めていますが、必ずしも万能な治療法だとはいい切れません。治療のメリット・デメリットをしっかり理解して、ご自身の状況に合った治療法かどうか慎重に検討しましょう。

メリット デメリット
  • 天然歯のような噛み心地がよみがえる
  • 天然歯のような美しい見た目が手に入る
  • 周囲の歯を傷付けず、負担が少ない
  • 噛む刺激が顎の骨に直接伝わるため、顎が痩せにくい
  • 1本から独立して治療が可能
  • 自費診療となるため治療費が高額
  • 手術が必要である
  • 全身疾患がある場合、治療が受けられないことがある
  • 治療期間が長い
  • ページの先頭へ戻る

インプラントの流れ

STEP1.初診・カウンセリング

まずは患者様のお口の状況を確認。治療に対するご希望をお伺いするカウンセリング、インプラント治療についてのご説明を行います。

STEP2.精密検査

治療に必要な検査を行います。レントゲン撮影やCT撮影などを行い、血管や神経の位置、顎の骨量などを正確に把握し、インプラント治療が最善の治療であるかを検討します。

STEP3.治療計画、インフォームド・コンセント

精密検査の結果から、インプラント治療が適切と判断された場合、治療計画を立案します。その後、治療計画について患者様にわかりやすくご説明し、ご理解・ご納得いただいてから治療を開始します。

STEP4.歯肉の切開・インプラント埋入

歯ぐきを切開してインプラントを埋入する部分の骨を露出し、チタン製のインプラントを埋入し、歯肉を縫合します。

STEP5.治癒期間

インプラントと顎の骨の結合を待ちます。個人差はありますが、通常●ヶ月が目安とお考えください。

STEP6.連結部分を入れる

インプラントと骨との結合が確認できたら再び歯肉を切開して、人工歯根と人工歯をつなぐ連結部(アバットメント・歯の土台)を取り付けます。

STEP7.人工歯の装着

STEP6での傷口が治癒したのを確認後、上部に人工歯を取り付けます。これでインプラント治療は完了となります。

STEP8.定期検診・メインテナンス

定期検診で経過を観察するとともに、クリーニングなどのメインテナンスを積極的に受けましょう。

  • ページの先頭へ戻る

【インプラント術前シミュレーションを実現「シムプラント」】

シムプラント
シムプラント2

シムプラント(SIM/PLANT)とは、世界的にも採用されているインプラント術前シミュレーションソフトのこと。
CTスキャンデータをもとに、埋入するインプラントの長さや角度などを具体的にシミュレーションすることができます。
見やすい3D画像となるため、安全・確実な治療計画立案だけでなく、患者様の理解度を大幅にアップさせることができるためインフォームドコンセントにおいても役立ちます。

  • ページの先頭へ戻る

インプラントQ&A

インプラントはどれくらいもつものですか

インプラントは半永久的に維持できるものです。ただし、メインテナンスが十分にできていないと、インプラント特有の歯周病(インプラント歯周炎)になってしまい、せっかくのインプラントを失ってしまうことになるため、注意が必要です。

埋め込む金属は安全ですか?

はい。チタンは体にやさしい金属で、骨折などの外科治療にも用いられています。腐食する心配もなく、金属アレルギーの原因にもなりにくい安全性の高い金属です。

いくつになってもインプラント治療は受けられますか?

インプラント治療を受けるのに年齢制限はありません。これまで80歳代の方が治療を受けられ、長期間にわたって維持しているという例もあります。ただし、外科手術を伴うため、持病などある場合は治療が受けられないこともありますので、まずはご相談ください。

どれくらい噛めるようになりますか?

入れ歯とは比較にならないほど噛む力がよみがえるといわれています。具体的には、おせんべい、リンゴやスルメといった食品も、天然歯と同じような感覚で噛むことができます。

24時間インターネットで受付中!WEB診療予約はこちらから!

  • ページの先頭へ戻る