「抜歯」から歯を守る最終手段~根管治療~

歯の内部深く、神経や血管まで虫歯菌に汚染された場合、そのまま放っておくと抜歯に至ります。しかし、抜歯となると周囲の歯や歯周組織へ負担となり、口腔内のバランスを崩してしまうため、できれば避けたい方法とされています。

そこで、重度の虫歯でも抜歯を避け、歯を残すための治療が「根管治療」です。肉眼では見えない歯の根の内部にある「根管」から虫歯菌に汚染された神経や血管を取り除き、内部を消毒・殺菌して薬剤を詰め、最後にフタをします。歯の神経を取り除いてでも歯の土台をしっかり形成して歯の根を残し、できるだけ歯の寿命を短縮させないための治療が根管治療なのです。

当院にご相談ください

根管治療後は被せ物を装着することで歯の機能を回復させますが、このとき土台がしっかりしていないと、どんなに上質な被せ物を装着しても、後でダメになってしまうことがあります。根管内部に虫歯菌に汚染された部分が残っていると、虫歯が再発してより難易度の高い再治療が必要となってしまうことがあるのです。そのため、根管治療には精度の高い技術が要求されます。

当院では十分な設備・資材を採用し、必要な手順において一切の妥協をしない、再発を起こさない根管治療を行っています。かつて治療した歯が痛い、神経を取ったはずなのに歯が痛いといった症状がある方へ。歯の内部で汚染と炎症が進み、虫歯の次の段階である「根尖病巣」を起こしている可能性がありますので、気になる痛みがあれば、お早めにご相談ください。

歯の土台の重要性

当院では、より精密な治療を可能にする歯科用顕微鏡「マイクロスコープ」を導入しています。

肉眼の約最大30倍まで施術部位を目視することができ、今の歯科医療では欠かせないものとなっています。マイクロスコープを使用することで、必要最小限の施術範囲で済み、術後の痛みや腫れもほとんど無く再発のリスクも軽減できます。

当院では、患者様にとって最良の治療を心掛けております。

24時間インターネットで受付中!WEB診療予約はこちらから!

  • ページの先頭へ戻る