お子様の歯を守る親御さんのサポーター「小児歯科」

お子様の歯は乳歯が生えはじめる生後半年から、虫歯になるリスクを抱えています。しかし、そんな生後半年の赤ちゃんが自分の歯を守る重要性を知っているわけがありません。親御さんをはじめ家族の皆様で、かわいい歯を守ってあげる必要があるのです。

当院では、小さなお子様の歯を守る親御さんをサポートしています。まずは治療の前に歯医者の雰囲気に慣れることからはじめ、必要に応じて予防処置や治療を行っていきましょう。お子様の歯のことで心配なことがあれば、お気軽にご来院ください。

乳歯の虫歯は永久歯の発達に悪影響を与えます

乳歯はいずれ抜けて生え替わるから、虫歯になってもそんなに気にしないという親御さんがいらっしゃいますが、それは大きな間違いです。乳歯の虫歯は永久歯への生え替わりや将来のお口の健康状態に悪影響を及ぼしてしまうことがあるのです。

乳歯の頃からお口の健康を維持する習慣を身につけましょう。当院では、おもに虫歯予防処置に力を入れています。ぜひお気軽にご利用ください。

【赤ちゃんを持つ親御さんへのアドバイス】

母子感染について

虫歯の原因である虫歯菌は、そもそも赤ちゃんのお口の中には存在しません。どのようにして感染するのかというと、そのほとんどが家族内での食器やスプーンやお箸などの使い回しによるもの。そのため、虫歯感染を防ぐためにご家族の方が虫歯予防をはじめとする口腔ケアをしっかりしておきましょう。

お子様の歯のケア方法

食後には、お口の中をさっぱりさせる習慣を身につけさせてあげましょう。ミルクを飲んだ後は、ガーゼや柔らかい布で歯を軽く拭ってあげましょう。お水やお茶を飲むことからはじめてもOKです。また、歯みがきができない時期からでも自分の手で歯ブラシを持って口の中に入れることに慣れさせてあげましょう。お口のケアをする大切さもやさしく教えてあげてくださいね。

水戸さくら通り歯科の小児歯科メニュー

歯みがき指導

お子様の歯の生え方や年齢に応じた歯みがきの仕方をご指導します。仕上げみがきが必要な小学校中学年くらいまでは、親御さんに仕上げみがきのコツやポイントも指導いたします。

フッ素塗布

フッ素を歯に直接塗ることで、歯質を強化して虫歯菌の出す酸に強い歯にし、虫歯を予防します。定期的に行うと効果的です。また、歯の表面のエナメル質に作用して再石灰化を促すため、ごく初期の虫歯なら治癒が期待できます。

シーラント

お子様の歯でもっとも虫歯になりやすい奥歯には、深くて入り組んだ溝があります。この溝は歯みがきしづらいうえに食べかすが入り込みやすいため、虫歯になりやすくなっています。シーラントは、この溝をレジン(歯科用プラスチック)でふさぐことで、虫歯を予防する処置です。

  • ページの先頭へ戻る