虫歯治療での「保険」と「自費」の意味、知っていましたか?

虫歯治療で歯を削った際、歯の機能を補うために詰め物や被せ物を用います。その際、「保険(の素材)を使うか自費(の素材)にするか」とたずねられたことはありませんか? 違いがよくわからないままに、多くの方が「保険診療」を選択しているのが実情のようです。

保険適用の治療では、補綴(ほてつ)物として、一般に「銀歯」と呼ばれる金属(金銀パラジウム合金)が用いられます。また、フレームには銀歯と同じ金属を用い、正面から見える部分に白いプラスチックを貼りつけた差し歯(被せ物)が使われます。これらは、歯の機能を最低限回復させるための素材であるため、見た目についての慎重な配慮はされていません。しかし、実は悪影響はそれだけではなく、全身にも支障をきたすことがあるのです。

気になる銀歯はありませんか?

白い歯列の中で銀色は目出つ存在。銀歯が見えることを気にして、人前で思いっきり笑うことに抵抗を感じたり、口元をつい手で覆い隠してしまったりする方は少なくありません。しかし、銀歯による悪影響はそれだけではなく、下記のようなさまざまなトラブルを引き起こします。

  • 白い歯列の中で悪目立ちする
  • お化粧などでカバーできない
  • コンプレックスに感じ消極的になってしまう
  • 差し歯の根本に金属のラインが見えることがある(正面がプラスチックだった場合)
  • 銀歯が腐食・変色・劣化しやすい
  • 溶け出した金属による歯ぐきが黒く変色することがある
  • 金属アレルギーの原因となることがある

銀歯を白い素材(セラミック)に交換して、とびきりの笑顔を作りませんか?

近年、金属製の補綴(ほてつ)物ではなく、セラミックなどの白い素材を選択するケースが増えています。自費診療になるため金額はかかるものの、多くのメリットがあります。

【セラミックのメリット】

美しい見た目に仕上がる

天然歯と同様の色調を持っているため、周囲の歯に合わせることができ、自然な見た目を再現できる審美性に優れた歯科素材です。

長期間の使用が可能

金属並みの硬度を持ち合わせているため耐久性に優れ、長期間の使用にも適しています。

金属アレルギーのリスクがない

金属を一切用いていないため、金属アレルギーの心配がありません。

口元の見た目について意識が高い方が増えており、今後も歯の見た目は重要視されていくことと思います。また、金属アレルギーなどの身体へのトラブルを回避する意味でも、自費診療の需要は高まっていくでしょう。これから虫歯治療をされる方、今銀歯を入れている方は、ぜひセラミックを用いた自費診療をご検討ください。

どんなに上質の人工物もメインテナンスを怠っては再治療が必要になります 水戸さくら通り歯科オリジナル あなた専用の予防プログラム

  • ページの先頭へ戻る