虫歯(二次カリエス)のリスク低減のために

「二次カリエス」とは、再発してしまった虫歯のこと。銀歯を入れている場合、「セメントの接着力が弱い」「咬合圧により金属に接している面が摩耗する」「接着セメントが唾液で溶ける」などの理由により、隙間が生まれます。その隙間から虫歯菌が入り込み、詰め物の内部(下)で虫歯が再発してしまうことがあるのです。

二次カリエスになった場合、詰め物を外して歯を削るなどの治療を行えば治りますが、天然歯を削る範囲は広くなってしまいます。天然歯がもろくなり、歯を失うリスクを高めてしまうのです。

歯を失ってしまったら、その機能を補う必要があります。補綴治療としてインプラント治療は優れた選択肢ですが、天然歯に勝るものではありません。天然歯を失わないためには、二次カリエスにならないための予防が重要なのです。

二次カリエスにならないための予防プログラム

歯みがき指導

歯みがき指導

虫歯予防の基本は、毎日の丁寧な歯みがきです。しかし、正しい方法で行わないと意味がありません。当院では、一人ひとりの口腔内に適した正しいブラッシング方法を指導しています。

フッ素塗布

フッ素塗布

歯質を強化するフッ素を歯に直接塗布することで、虫歯に強い歯にします。効果は永久ではないため、定期的な処置が理想的です。

PMTC

PMTC

専門器具を用いた歯のクリーニングです。普段の歯みがきでは届かない、歯と歯の間、歯と歯ぐきの間にこびり付いたプラーク(歯垢)や歯石を徹底的に取り除きます。虫歯を予防できるのはもちろん、軽度の着色除去や口臭予防にも効果的です。

生活習慣の指導

生活習慣の指導

虫歯の原因はプラークであることから、プラークの付着を招く生活習慣が大きく影響しています。当院では、食生活やセルフケア方法、喫煙など、患者様一人ひとりの生活習慣についてアドバイスを行っています。

24時間インターネットで受付中!WEB診療予約はこちらから!

  • ページの先頭へ戻る