提案された治療法についての不安や疑問を取り除くセカンドオピニオン

セカンドオピニオンとは、直訳すると「第二の意見」。セカンドオピニオンは歯科に限ったものではなく、医院で受けられた診断や提案された治療法について不安や疑問がある場合に、別の専門家に意見を求めることを指します。

セカンドオピニオンの特徴

近年、インプラント歯周外科などの外科手術を伴う治療の登場により、歯科医療の現場でも、患者様の声に耳を傾け意向を汲んだうえで治療計画を立てるカウンセリングや、治療内容について説明し同意を得てから治療をはじめるインフォームド・コンセントに対する意識が高い歯科医院が増えてきています。

しかしながら、患者様が大がかりな治療に臨まれる場面では、はじめてそういった状況に直面することがほとんど。そのため歯科医師からの説明を受けても、何がもっとも適切な治療法なのか、将来的な見通しとして提案された治療法が最善策なのか判断しかねることが多いという声をよくお聞きします。治療をはじめてから「やっぱり自分の考えていたのと違う」ということがあっては、後悔してもしきれない、取り返しのつかないことになりかねません。そこで推奨したいのが、セカンドオピニオンです。

些細なことでも不安や疑問を抱いたまま治療に臨むのではなく、複数の専門家からの意見を聞くことで比較し検討でき、患者様が自身で選べるようになります。歯科医師によって治療方針や考え方は異なるため、同じ検査結果でも提案する治療法はさまざま。その中に、患者様にとってベストな方法がきっとあるはずです。まずは冷静にセカンドオピニオンをお求めください。

当院にご相談ください

当院では「セカンドオピニオン外来」を受け付けております。相談・診察のみで、勝手に治療を行うことは一切ありません。また、治療を強く勧誘することもありませんのでご安心ください。他院で提案された治療に不安がある、もしくは進行中の治療に疑問を感じているといった場合は、お気軽にセカンドオピニオンをお申し付けください。ご予約の際に「セカンドオピニオン希望」と受付へお伝えいただけるとスムーズです。あなたのご来院をお待ちしております。セカンドオピニオンは有料になります。

24時間インターネットで受付中!WEB診療予約はこちらから!

  • ページの先頭へ戻る